JALグループ、7月16日以降搭乗分のウルトラ先得など一部運賃を変更 | FlyTeam ニュース

JALグループ、7月16日以降搭乗分のウルトラ先得など一部運賃を変更

このエントリーをはてなブックマークに追加
配信日: - ニュースカテゴリー: 運賃

日本航空(JAL)などJALグループは2019年7月16日(火)から10月26日(土)搭乗分の特便割引、先得割引、スーパー先得、ウルトラ先得の一部便で運賃を変更、また先得割引で追加設定を行いました。

JAL運航路線では、予約購入期限が75日前までの「ウルトラ先得」で、9月下旬の羽田/新千歳線が10,000円から、羽田/旭川線が10,300円からなど、運賃が変更されています。

琉球エアーコミューター(RAC)と日本トランスオーシャン航空(JTA)路線では、9月下旬の「ウルトラ先得」で、関西/石垣線が12,200円から、名古屋(セントレア)/那覇線が9,100円からなど、一部便の運賃が改定されています。

また、日本エアコミューター(JAC)路線では、9月の鹿児島/種子島線、鹿児島/屋久島線が今回の変更の対象となっています。なお、変更された運賃は7月11日(木)購入分からの適用です。

期日: 2019/07/11から
最終更新日:
ニュース ガイドライン&ポリシー

Recommend おすすめコンテンツ

このページを共有する

このエントリーをはてなブックマークに追加