阪急阪神エクスプレス、成田国際ロジスティクスセンター開所式を実施 | FlyTeam ニュース

阪急阪神エクスプレス、成田国際ロジスティクスセンター開所式を実施

このエントリーをはてなブックマークに追加
配信日: - ニュースカテゴリー: サービス
ニュース画像 1枚目:成田国際ロジスティクスセンター開所式

成田国際ロジスティクスセンター開所式

阪急阪神エクスプレスは2019年7月10日(水)、成田国際ロジスティクスセンター(NGLC)の開所式を実施しました。関係各所や顧客など来賓を迎え、阪急阪神エクスプレスは代表取締役の岡藤正策会長、谷村和宏社長をはじめ、全役員が列席しました。

岡藤会長は、西濃運輸のトラックターミナルが隣接しており、「両施設の連携により国際輸送、ロジスティクス、国内輸送を組み合わせた国際物流ハブとして、シームレスな一貫輸送サービスをお客様に提供できるようになる」とアピールしました。この施設は、セイノーホールディングスグループと阪急阪神エクスプレスの資本業務提携のシンボルとして、アライアンス強化に弾みがつきます。

NGLCは現在、成田空港からクルマで15分の芝山町にある阪急阪神成田カーゴターミナルを西濃運輸成田支店内の倉庫棟に移転します。新施設は7月16日(火)に営業開始し、冷蔵冷凍設備を備え、輸出梱包機能も一体化し、顧客の各種要望に応えるサービス構築を目指しています。

最終更新日:
ニュース ガイドライン&ポリシー

Recommend おすすめコンテンツ

このページを共有する

このエントリーをはてなブックマークに追加