陸自MV-22オスプレイ、アメリカ軍と初めて編隊飛行 教育訓練で | FlyTeam ニュース

陸自MV-22オスプレイ、アメリカ軍と初めて編隊飛行 教育訓練で

このエントリーをはてなブックマークに追加
配信日: - ニュースカテゴリー: サービス
ニュース画像 1枚目:陸自MV-22オスプレイの編隊飛行

陸自MV-22オスプレイの編隊飛行

陸上自衛隊は2019年7月15日(月)、アメリカで実施されているMV-22オスプレイの教育訓練で、初めてアメリカ海兵隊、空軍、海軍と共に編隊飛行の課目を実施したと公表しました。

現在、20名の陸自隊員がニューリバー海兵隊航空基地で操縦、整備などを学んでいます。編隊飛行の科目では、海兵隊、空軍、海軍と陸自パイロットが飛行することで、日米の相互運用性を高めています。

訓練は、MV-22オスプレイの受け入れを予定している佐賀空港の地元の了解や施設整備が完了するまでの期間、2018年度に納入されたオスプレイ5機を使用し実施されています。訓練場所はニューリバー海兵隊航空基地で、期間は2020年5月までを予定しています。

なお、画像では「91702/JG-1702」を確認できます。納入された機体は、順番通りの製造であれば、「91701」から「91705」とみられます。

最終更新日:
ニュース ガイドライン&ポリシー

Recommend おすすめコンテンツ

このページを共有する

このエントリーをはてなブックマークに追加