8,200トン型の平成28年度護衛艦「はぐろ」、磯子で進水式 | FlyTeam ニュース

8,200トン型の平成28年度護衛艦「はぐろ」、磯子で進水式

このエントリーをはてなブックマークに追加
配信日: - ニュースカテゴリー: サービス
ニュース画像 1枚目:はぐろ DDG-180

はぐろ DDG-180

海上自衛隊は2019年7月17日(水)、平成28年度護衛艦の命名・進水式を神奈川県横浜市のジャパンマリンユナイテッド(JMU)の横浜事業所磯子工場で実施し、「はぐろ(DDG-180)」と命名されました。2021年3月の竣工を予定しています。

「はぐろ」は2016年度防衛予算で建造された新型護衛艦で、2018年7月に進水した「まや(DDG-179)」と同型艦です。弾道ミサイル防衛(BMD)機能を有し、ガスタービンエンジンの機械駆動と電気推進の複合推進方式「COGLAG」が採用され、SH-60K哨戒ヘリコプター1機の艦載が想定されています。この就役により、海上自衛隊のイージス艦が8隻体制になります。

「はぐろ」は山形県鶴岡市の羽黒山に由来します。初代の羽黒は、旧日本海軍の妙高型重巡洋艦の4番艦で、太平洋戦争中にイギリス海軍の魚雷攻撃を受け沈没しました。

期日: 2019/07/17
最終更新日:
ニュース ガイドライン&ポリシー

Recommend おすすめコンテンツ

このページを共有する

このエントリーをはてなブックマークに追加