イタリア海軍の軽空母「カブール」、F-35B対応でドッグ入り

イタリア海軍の軽空母「カブール」、F-35B対応でドッグ入り

ニュース画像 1枚目:ドッグに入るカブール
ドッグに入るカブール

イタリア海軍は2019年7月22日(月)、軽空母「カブール(Cavour, C550)」がターラントのドッグに入ったと発表しました。「カブール」は2008年4月就役で、STOVL空母としてAV-8BハリアーIIを8機、ヘリコプター12機の搭載能力があります。

今回のドッグ入りは、AV-8BからF-35B戦闘機にSVTOLを代替する計画に対応し、メンテナンスおよび適応作業を実施します。ドライドッグ入りはおよそ17時間の作業となり、乗務員や海軍隊員だけでなく、民間人も加わり、作業が行われました。

今後、数カ月間でF-35Bに対応する熱の影響に対応するフライトデッキの整備が進められます。計画では2020年春に作業を完了する予定で、「カブール」は2020年夏にアメリカへ向けて航海する予定で、その際にF-35Bを使用したテストを予定しています。この航海は、初期運用能力を達成する最初の重要な過程となります。

なお、「カブール」の満載排水量27,535トン、全長235.6メートル、全幅39メートルで、日本でもF-35B対応が予定されている「いずも」は26,000トン、全長248メートル、全幅38メートルです。

メニューを開く