茨城県、つくばヘリポートの指定管理者を公募 9月24日まで受付 | FlyTeam ニュース

茨城県、つくばヘリポートの指定管理者を公募 9月24日まで受付

茨城県は2019年7月25日(木)、つくばヘリポートの指定管理者を公募、その募集要項を発表しました。募集要項の配布期間は7月25日(木)から9月24日(火)まで、申請書の提出期間は8月26日(月)から年9月24日(火)です。

指定期間は2020年4月1日(水)から2021年3月31日(水)までの1年間です。業務対象はヘリポートの使用の承認に関する業務、運用時間外の使用許可に関する業務、利用料金の収受、航空無線によるヘリポートの使用状況,気象状況等の情報提供業務などです。指定管理者は、つくばヘリポートの設置目的に合致し、管理業務の実施を妨げない範囲で、自主事業を実施できます。

応募資格は、法人またはその他の団体で、航空法などに基づいた公共用ヘリポートの保安管理運営業務に精通していること、業務に従事する職員が防火管理者や航空特殊無線技士の資格を有している、または期日までに資格取得の見込みがあることなどが求められています。

応募手続きは郵送、または持参で受け付けます。また、8月27日(火)の13時30分から現地説明会、見学会が実施されます。茨城県では、応募者は可能な限り説明会に出席するよう求めています。

期日: 2019/07/25 〜 2019/09/24
メニューを開く