JR東日本、仙台空港アクセス線の利便性向上で日中も4両編成で運行 | FlyTeam ニュース

JR東日本、仙台空港アクセス線の利便性向上で日中も4両編成で運行

このエントリーをはてなブックマークに追加
配信日: - ニュースカテゴリー: サービス

JR東日本は2019年7月25日(木)、仙台駅と仙台空港駅を結ぶ仙台空港アクセス線の利便性向上に向け、同路線用に車両の捻出を検討し、日中時間帯に2両編成で運転している一部列車を4両編成での運行を決定しました。開始時期は2020年度上期で、詳細な列車ダイヤなどは決定次第、改めて発表します。

仙台空港アクセス線は、2007年3月18日に開業し、仙台駅と仙台空港駅間の17.5キロメートルを25分の運転間隔で結んでいます。現在はJRが4編成、仙台空港鉄道が3編成、計7編成の全て2両で運行し、朝夕通勤時間帯に4両編成が使用されています。

1日平均乗車数は、東日本大震災後の2012年度から徐々に増加傾向にあり、2017年度、2018年度は1日の平均乗車人員は5,000人となっています。また、2019年度の4月から6月までは、杜せきのした駅に隣接する大型商業施設の増床リニューアルが行われ、前年同期と比較して大幅に増加しています。

最終更新日:
ニュース ガイドライン&ポリシー

Recommend おすすめコンテンツ

このページを共有する

このエントリーをはてなブックマークに追加