ブリティッシュ・エア、8月の長距離線はトム・ケリッジ シェフの英料理 | FlyTeam ニュース

ブリティッシュ・エア、8月の長距離線はトム・ケリッジ シェフの英料理

このエントリーをはてなブックマークに追加
配信日: - ニュースカテゴリー: サービス
ニュース画像 1枚目:トム・ケリッジ シェフ

トム・ケリッジ シェフ

ブリティッシュ・エアウェイズは100周年を迎える2019年8月、長距離線の全ての搭乗クラスで、ミシュラン星付きのトム・ケリッジ シェフが監修するメニューを提供します。

メニューはイギリスの味を特徴としており、ファーストクラスでは、ファイン湖のスモークサーモンタルタルにスモークマヨネーズ、ゴマのクラッカー、ウズラの卵添え、オヒョウのフィレにキュウリとジロールのローストとサラダクリーム、シーザーサラダ、ミルクチョコレートとアマレットタルトの塩キャラメルとホワイトチョコレートソースがけが提供されます。

ビジネスクラス「クラブワールド」では、スモークサーモンとアスパラガスにグリビッシュドレッシング、トウモロコシで育てられた鶏の胸肉のローストに、精麦のリゾットとワイルドガーリック、チョコレートとアマレットタルトの塩キャラメルソースがけを味わえます。

また、プレミアムエコノミークラス「ワールド・トラベラー・プラス」では、ドーセット・ブルー・ヴィニー・チーズ、セロリ、ブドウ、ひまわりの種のサラダ、トウモロコシで育てられた鶏の胸肉ローストに精麦のリゾットとワイルドガーリック、チョコレートとアマレットタルト、コーヒーとマスカルポーネクリームを楽しめます。

エコノミークラス「ワールド・トラベラー」では、スモークチキンのシチューが夏野菜とともに提供されます。ブリティッシュ・エアウェイズはこれらのメニューを通して、イギリスの食の素晴らしさを世界に伝えます。

■British Airways - Made by Tom Kerridge
最終更新日:
ニュース ガイドライン&ポリシー

Recommend おすすめコンテンツ

このページを共有する

このエントリーをはてなブックマークに追加