セントレア、10月から国際線の旅客施設使用料を改定 消費税率改正で | FlyTeam ニュース

セントレア、10月から国際線の旅客施設使用料を改定 消費税率改正で

このエントリーをはてなブックマークに追加
配信日: - ニュースカテゴリー: 運賃
ニュース画像 1枚目:セントレア イメージ

セントレア イメージ

中部国際空港(セントレア)は消費税率改正に伴い、2019年10月1日(火)から、国際線旅客施設使用料と国際線旅客保安サービス料を改定します。10月1日(火)以降の搭乗分かつ発券分が対象です。

出発1人あたりの国際線旅客施設使用料は、第1ターミナル国際線では大人2,570円が2,620円に、小人1,290円が1,310円に、第2ターミナル国際線では大人1,280円が1,300円に、小人640円が650円に改定されます。

また国際線旅客保安サービス料は、第1、第2ターミナルの国際線ともに、大人・小人共通で出発1人あたり340円が350円に変更となります。なお、10月以降の搭乗分でも、9月30日(月)以前に発券した場合は現行料金が適用されます。

期日: 2019/10/01から
最終更新日:
ニュース ガイドライン&ポリシー

Recommend おすすめコンテンツ

このページを共有する

このエントリーをはてなブックマークに追加