沖縄近海でレスキュー隊員をボートに降ろすHH-60Gペイブホーク | FlyTeam ニュース

沖縄近海でレスキュー隊員をボートに降ろすHH-60Gペイブホーク

このエントリーをはてなブックマークに追加
配信日: - ニュースカテゴリー: サービス
ニュース画像 1枚目:第33救難飛行隊 HH-60Gペイブホーク

第33救難飛行隊 HH-60Gペイブホーク

  • ニュース画像 2枚目:第31救難飛行隊 HH-60Gペイブホークも訓練を実施
  • ニュース画像 3枚目:訓練中の様子

アメリカ空軍、嘉手納基地所属第33救難飛行隊のHH-60Gペイブホークが2019年7月26日(金)、沖縄近海でレスキュー隊員をボートの降ろす救難訓練を行いました。嘉手納基地には第31救難飛行隊も所属し、戦闘救難訓練や災害救助訓練を行っています。

HH-60GペイブホークはUH-60Lを基に空中給油機構の装備、燃料タンクの大型化などを行い、戦闘救難を主な目的としたヘリコプターです。巡航速度294キロメートル、航続距離600キロメートルです。

後継機としてHH-60Wが開発中です。航続距離の増大、メインローターの複合材化、キャビンの構造強化、各種電子機器のアップグレード等を行い、2021年の配備を目指しています。

期日: 2019/07/26
最終更新日:
ニュース ガイドライン&ポリシー

Recommend おすすめコンテンツ

このページを共有する

このエントリーをはてなブックマークに追加