フィリピン航空、東南アジア・豪行きセールで往復1.8万円から | FlyTeam ニュース

フィリピン航空、東南アジア・豪行きセールで往復1.8万円から

このエントリーをはてなブックマークに追加
配信日: - ニュースカテゴリー: 運賃
ニュース画像 1枚目:フィリピン航空

フィリピン航空

フィリピン航空は2019年8月19日(月)から9月1日(日)まで、エコノミー、プレミアムエコノミー、ビジネスを対象とした「アルティメットシートセール」を開催しています。対象の搭乗期間は、9月1日(日)から2020年5月31日(日)までです。

出発地は羽田、成田、福岡、名古屋(セントレア)、関西、新千歳です。運賃は往復で、エコノミークラスの関西発着路線が18,000円から、福岡発着路線が23,000円から、名古屋(セントレア)発着路線が25,000円から、羽田、成田、新千歳発着路線が30,000円からと設定されています。プレミアムエコノミーは、羽田、成田、関西発着のマニラ線のみ設定されおり往復70,000円から、ビジネスクラスは最安の関西/台北線が往復45,000円からの販売です。

目的地は、マニラ、セブなどのフィリピン行きに加え、バリ島、ジャカルタ、バンコク、ホーチミン、ハノイ、シンガポール、クアラルンプール、プノンペンなど東南アジア行き、さらにシドニー、メルボルンなどオーストラリア行きも設定されています。

運賃額に加え、燃油サーチャージ、各種税金が必要です。また、販売座席数には限りがあり、なくなり次第終了となります。

期日: 2019/08/19 〜 2019/09/01
最終更新日:
ニュース ガイドライン&ポリシー

Recommend おすすめコンテンツ

このページを共有する

このエントリーをはてなブックマークに追加