三菱重工、長崎造船所の敷地内に新工場 航空エンジン部品に対応 | FlyTeam ニュース

三菱重工、長崎造船所の敷地内に新工場 航空エンジン部品に対応

このエントリーをはてなブックマークに追加
配信日: - ニュースカテゴリー: サービス
ニュース画像 1枚目:航空エンジン部品の新工場イメージ

航空エンジン部品の新工場イメージ

三菱重工業は2019年8月19日(月)、長崎造船所の敷地内に航空エンジン部品の新工場を建設すると発表しました。2020年7月に竣工予定です。この工場は、世界遺産に登録されている長崎造船所史料館に隣接した旧推進器工場の跡地に、航空エンジン事業を手がける三菱重工航空エンジン(MHIAEL)の長崎工場として建設されます。

新工場は、燃焼器部品の素材受け入れから加工、組立まで一気通貫で「PW1100G-JM」エンジンの燃焼器部品を一貫生産する生産ラインが構築されます。工場内は、自動搬送・自動工具交換システムなどの自動化・省人化技術やMHIAEL本社マザー工場で培ったIoT/AI技術を積極活用します。これにより、航空エンジン部品工場として、世界最高レベルの生産性と高効率を追求します。

建設決定を受け、長崎県知事は若年層を中心に人口減少が続く同県に、雇用機会の拡大にも結びつくと歓迎しています。長崎県は、「長崎県航空機産業クラスター協議会」を立ち上げ、県内の中小企業支援を強化しており、今回の決定とあわせ、航空機産業の新たな集積地となるよう、積極的に取り組む方針です。

三菱重工は、今後もMHIAELと連携し、航空エンジンの開発・製造・MRO事業で技術力や信頼性の向上、生産能力の拡充に努め、日本における航空機産業の発展に貢献していく方針です。なお、PW1100G-JMエンジンはA320neo、エアバスA220ファミリー、エンブラエルのE2ファミリー、三菱航空機のスペースジェット、イルクートのMS-21などに搭載されます。

最終更新日:
ニュース ガイドライン&ポリシー

Recommend おすすめコンテンツ

このページを共有する

このエントリーをはてなブックマークに追加