ソラシドエア、10月27日から国内空港の保安検査場締切時刻を変更 | FlyTeam ニュース

ソラシドエア、10月27日から国内空港の保安検査場締切時刻を変更

このエントリーをはてなブックマークに追加
配信日: - ニュースカテゴリー: サービス

ソラシドエアは2019年10月27日(日)から、国内空港の保安検査場の締切時刻を変更します。10月26日(土)までは、出発時刻の15分前ですが、10月27日(日)から5分早くなり、出発時刻の20分前となります。

対象空港は名古屋(セントレア)、神戸、大分、長崎、熊本、宮崎、鹿児島、那覇、石垣です。羽田空港では2018年12月1日(土)から、出発時刻の20分前に変更となっています。変更理由については、定時出発率向上のためとしています。

なお、ソラシドエアでは、2020年の首都圏空港の機能強化が進む中で、多くの利用者を迎えするために、引続き安全性の確保や定時性、サービス品質の向上に取り組んでいく方針です。

期日: 2019/10/27から
最終更新日:
ニュース ガイドライン&ポリシー

Recommend おすすめコンテンツ

このページを共有する

このエントリーをはてなブックマークに追加