ハワイアン航空とアマデウス、新ソフトウェアを利用した初フライトを運航 | FlyTeam ニュース

ハワイアン航空とアマデウス、新ソフトウェアを利用した初フライトを運航

このエントリーをはてなブックマークに追加
配信日: - ニュースカテゴリー: サービス
ニュース画像 1枚目:ハワイアン航空

ハワイアン航空

ハワイアン航空は2019年8月下旬、世界の旅行業界へ先進のテクノロジーソリューションを提供する大手プロバイダ、アマデウスの最新技術を利用した同社初のフライトを運航しました。

ハワイ諸島間をはじめ、アメリカ本土、アジア、オセアニア、南太平洋への路線ネットワークで運航されるハワイアン航空の1日260本以上の積荷計画を最適化するため、「Amadeus Departure Control Flight Management (DCS FM)」を導入したものです。

この新技術は、搭乗者数や貨物積載量、また燃料重量などの、強化された自動データフィードを利用し、それぞれの機材の最適な荷重配分を素早く正確に決定します。このシステムの利用により、生産性を向上させ、機材の収容能力の最適化し、燃料燃焼と二酸化炭素排出量を削減を促進します。

ハワイアン航空は、同システムを24機のA330、13機のA321neo、20機の717で活用しています。

最終更新日:
ニュース ガイドライン&ポリシー

Recommend おすすめコンテンツ

このページを共有する

このエントリーをはてなブックマークに追加