羽田空港と国立歴史民俗博物館がコラボ、日本文化を発信 AR作品展示も | FlyTeam ニュース

羽田空港と国立歴史民俗博物館がコラボ、日本文化を発信 AR作品展示も

このエントリーをはてなブックマークに追加
配信日: - ニュースカテゴリー: イベント
ニュース画像 1枚目:AR作品「屏風から家光を探せ、からの、取り出す江戸時代」

AR作品「屏風から家光を探せ、からの、取り出す江戸時代」

羽田空港国際線ターミナルで2019年9月11日(水)から9月27日(金)まで、国立歴史民俗博物館とのコラボレーション企画「羽田×歴博 Think Japan 日本の魅力を、考える。」が開催されます。また、文化庁の「空港等におけるメディア芸術日本文化発信事業」プロジェクトの一環として、「メディア芸術×文化資源 分散型ミュージアム」も同時開催されます。

「羽田×歴博 Think Japan 日本の魅力を、考える。」では、羽田空港国際線ターミナル4階の江戸舞台、広小路、はねだ日本橋下に、国立歴史民俗博物館の協力のもと、江戸図屏風や洛中洛外図屏風の複製、「映画 旗本退屈男」の舞台衣装などが展示されます。

「メディア芸術×文化資源 分散型ミュージアム」は、同ターミナル5階のはねだ日本橋付近で展開します。開発ユニット「AR三兄弟」が、国立歴史民俗博物館が所蔵している「江戸図屏風」と「江戸橋広小路模型」をモチーフに、AR技術を用いた作品「屏風から家光を探せ、からの、取り出す江戸時代」を展示し、AR体験用端末を使って作品を楽しめるようになっています。

期日: 2019/09/11 〜 2019/09/27
最終更新日:
ニュース ガイドライン&ポリシー

Recommend おすすめコンテンツ

このページを共有する

このエントリーをはてなブックマークに追加