マカオ国際空港、中秋節を祝う装飾で利用者を出迎え | FlyTeam ニュース

マカオ国際空港、中秋節を祝う装飾で利用者を出迎え

このエントリーをはてなブックマークに追加
配信日: - ニュースカテゴリー: サービス
ニュース画像 1枚目:マカオ国際空港の装飾

マカオ国際空港の装飾

マカオ国際空港では2019年9月、ターミナル内で中秋節を祝う装飾を実施しています。中秋節は中国の重要な伝統文化の1つで、家族や恋人、友達などと、豊かさや調和、幸運や繁栄のシンボルである中秋の名月を楽しみます。

この伝統精神を共有するため、マカオ国際空港では季節のデコレーションとして、黄色や緑、ピンクに紫など、糸でつるされたカラフルで優しい色合いの提灯を、出発ロビー、到着ロビー、搭乗ゲートエリアに飾り、幻想的な雰囲気を作り出しています。

マカオ国際空港では、目的地へと向かう間、旅行者がユニークな旅行体験を楽しめるようこのような取り組みを行っています。なお、日本からマカオへの直行便は現在、マカオ航空が成田、関西、福岡発着で運航しています。

最終更新日:
ニュース ガイドライン&ポリシー

Recommend おすすめコンテンツ

このページを共有する

このエントリーをはてなブックマークに追加