新千歳空港、9月14日から国内線ターミナルビル前道路の運用方法を変更 | FlyTeam ニュース

新千歳空港、9月14日から国内線ターミナルビル前道路の運用方法を変更

このエントリーをはてなブックマークに追加
配信日: - ニュースカテゴリー: サービス
ニュース画像 1枚目:国内線側構内道路の運用方法

国内線側構内道路の運用方法

新千歳空港は2019年9月14日(土)から、国内線ターミナルビル前道路の運用方法を変更します。変更点は、従来の一般車乗降レーンが「一般車・タクシー降車レーン」となり、降車は可能ですが、乗車や迎車はできなくなります。

到着する旅客を迎えに来港する場合、空港前のA・B駐車場、近隣の駐車場、または公共交通機関を利用するよう呼びかけています。ただし、身障者用車両は、これまでどおり乗降ともに可能です。

また、「バス・タクシーレーン」はタクシーから降車できなくなり、降車時は「一般車・タクシー降車レーン」の利用となります。

運用方法変更にあたり、9月13日(金)の深夜に道路標識の切替工事が行われます。悪天候の場合は工事が翌日に延期されるため、運用変更日が9月15日(日)になります。

期日: 2019/09/14から
最終更新日:
ニュース ガイドライン&ポリシー

Recommend おすすめコンテンツ

このページを共有する

このエントリーをはてなブックマークに追加