JAL、10月の国際貨物の燃油サーチャージを改定 1段階値下げ | FlyTeam ニュース

JAL、10月の国際貨物の燃油サーチャージを改定 1段階値下げ

このエントリーをはてなブックマークに追加
配信日: - ニュースカテゴリー: 運賃
ニュース画像 1枚目:JAL

JAL

日本航空(JAL)は2019年10月1日(火)に適用する日本発国際貨物燃油サーチャージを発表、9月末までから値下げします。

基準となる2019年8月の航空燃料市況の平均価格が1バレルあたり74.60米ドルとなり、申請済みの適用表で燃油価格が「70米ドル以上75米ドル未満」にあたることから、9月末までの徴収分から適用条件表で1段階分、値下げげとなります。

これにより、10月からの路線別の燃油サーチャージ額は、アメリカ、ヨーロッパなどの遠距離路線が1キログラムあたり18円、アジア遠距離路線が9円、香港、中国、フィリピン、台湾、韓国、グアムのアジア近距離路線が9円となります。

期日: 2019/10/01 〜 2019/10/31
最終更新日:
ニュース ガイドライン&ポリシー

Recommend おすすめコンテンツ

このページを共有する

このエントリーをはてなブックマークに追加