自衛隊、ニューカレドニア駐留仏軍主催HA/DR訓練「赤道19」に参加 | FlyTeam ニュース

自衛隊、ニューカレドニア駐留仏軍主催HA/DR訓練「赤道19」に参加

このエントリーをはてなブックマークに追加
配信日: - ニュースカテゴリー: サービス

統合幕僚監部は2019年9月21日(土)から10月5日(土)まで、ニューカレドニアで行われる、ニューカレドニア駐留仏軍主催の人道支援/災害救援(HA/DR)多国間訓練「赤道19」に自衛隊が参加すると発表しました。

訓練の概要は、島嶼における災害救援活動を通じた多国間指揮所訓練です。訓練の目的は、国際緊急援助活動における運用能力の向上と、参加各国との相互理解の増進や信頼関係の強化を図ります。

訓練に参加する予定国は、日本、フランス、オーストラリア、カナダ、フィジー、インドネシア、ニュージーランド、パプアニューギニア、ソロモン諸島、トンガ、イギリス、アメリカ、バヌアツの13カ国です。

自衛隊からの参加者は統幕、統幕学校から3名です。自衛隊は2015年から多国間訓練「赤道」に参加しており、2019年で3回目の参加になります。

期日: 2019/09/21 〜 2019/10/05
最終更新日:
ニュース ガイドライン&ポリシー

Recommend おすすめコンテンツ

このページを共有する

このエントリーをはてなブックマークに追加