第286回「航空と宇宙」定例講演会、テーマは「アポロ50年に思う」 | FlyTeam ニュース

第286回「航空と宇宙」定例講演会、テーマは「アポロ50年に思う」

ニュース画像 1枚目:ワシントンD.C.で開催されたアポロ11打ち上げ50周年の記念イベント
ワシントンD.C.で開催されたアポロ11打ち上げ50周年の記念イベント

日本航空協会は2019年11月14日 (木)、第286回「航空と宇宙」定例講演会を開催します。今回のテーマは、「アポロ50年に思う ~宇宙時代 第一期の終焉と新たな胎動~」です。講師は、宇宙航空研究開発機構(JAXA)名誉教授、はまぎんこども宇宙科学館館長の的川泰宣さんが務めます。

この講演は、アポロ11号と「はやぶさ」計画を主題としながら、第1期の宇宙時代を回顧し、新たな動きが芽生えつつある近未来の宇宙活動と日本の役割について参加者と一緒に考えるイベントです。

会場は東京都港区の航空会館で、当日は開場18時、講演は18時30分から20時です。入場は無料、定員は180名です。参加には、事前に申し込みが必要で、演題とフリガナを加えた氏名、所属を明記し、メールまたはFAXで受け付けています。

期日: 2019/11/14
メニューを開く