イスラエル空軍、ユダヤ砂漠で「ヘリコプターオリンピック」を開催 | FlyTeam ニュース

イスラエル空軍、ユダヤ砂漠で「ヘリコプターオリンピック」を開催

ニュース画像 1枚目:1
1

イスラエル航空宇宙軍(IAF)は2019年9月11日(水)、「ヘリコプターオリンピック」が開催され、全ての輸送ヘリコプター飛行隊が参加したと明らかにしています。オリンピックは年に1度、期間は1週間に渡り実施されており、ユダヤ砂漠で4つの輸送ヘリコプター飛行隊が参加しています。

この内容は、脅威を避けながら、最短時間で指定された複数の座標に到着する事を目標とする競技形式で、パイロットとフライトエンジニアが協力して飛行します。オリンピックに参加したヘリコプターは、中型汎用ヘリコプターUH-60A/Lや、大型輸送ヘリコプターCH-53Dなどです。

イスラエルでは陸軍と行動を共にするヘリコプターも空軍(IAF)が運用しています。運用するヘリコプターは、UH-60A/LやCH-53Dのほか、AS-565SA、AH-1Q/S、AH-64A/Dなどです。

メニューを開く