「瀬取り」警戒監視活動、10月にカナダがCP-140哨戒機を派遣 | FlyTeam ニュース

「瀬取り」警戒監視活動、10月にカナダがCP-140哨戒機を派遣

ニュース画像 1枚目:CP-140オーロラ
CP-140オーロラ

防衛省は2019年10月1日(火)、国連安保理決議で禁止されている北朝鮮の船舶が関連する海上での積み替え、いわゆる「瀬取り」対応で、カナダ軍が警戒監視活動を実施すると発表しました。カナダ軍は10月上旬以降に航空機を派遣します。

カナダ海軍が派遣する航空機は、CP-140哨戒機です。東シナ海を含む日本周辺海域で警戒監視活動を実施します。カナダ海軍は2018年4月下旬から約1か月間を皮切りに、2018年9月中旬から約1か月半の間 、2019年6月上旬から約1か月間と3度の航空機による警戒監視活動を行い、今回は4度目となります。

航空機の派遣は、アメリカに加え、カナダ、オーストラリア、ニュージーランド、フランスが実施しています。さらに、アメリカ海軍に加え、イギリス海軍、カナダ海軍、オーストラリア海軍、フランス海軍がフリゲートや補給艦を派遣しています。

日本政府は、北朝鮮の完全で検証可能、かつ、不可逆的な方法ですべての大量破壊兵器やあらゆる射程の弾道ミサイル廃棄の実現に向け、国際社会が一致団結し、国連安保理決議の実効性確保に取り組んでいく観点から、一連の取組を歓迎しています。また、海上自衛隊が関係国と緊密に協力する方針を示しています。

期日: 2019/10/01から
メニューを開く