陸海空3自衛隊、日パラオ外交関係樹立25周年記念式典に参加

陸海空3自衛隊、日パラオ外交関係樹立25周年記念式典に参加

ニュース画像 1枚目:シドニー入港時の様子
シドニー入港時の様子

防衛省は2019年10月8日(火)から10月11日(金)まで、陸上・海上・航空自衛官がパラオ共和国で行われる「日パラオ外交関係樹立25周年記念式典」へ参加すると発表しました。

「日パラオ外交関係樹立25周年記念式典」のほか、寄付物資の引き渡し、パラオ政府高官への表敬、ペリリュー島の「西太平洋戦没者の碑」へ献花します。

陸自から、装備計画部の1等陸佐、海自から令和元年度遠洋練習航海部隊でコロールに寄港中の約580名、空自からU-4国外運航訓練実施部隊の約10名が参加します。

海自の遠洋練習航海部隊はパラオのあと、アメリカ領グアム島に10月15日(火)から10月18日(金)に訪問したのち、日本に帰国する予定です。空自のU-4国外運航訓練実施部隊は、パラオ寄港の後、ミクロネシア連邦に向かう予定です。

期日: 2019/10/08 〜 2019/10/11
この記事に関連するニュース
メニューを開く