JAL、2020年に向け成田空港国際線で新サービス 10月から順次 | FlyTeam ニュース

JAL、2020年に向け成田空港国際線で新サービス 10月から順次

このエントリーをはてなブックマークに追加
配信日: - ニュースカテゴリー: サービス
ニュース画像 1枚目:自動手荷物預け機

自動手荷物預け機

日本航空(JAL)は2019年10月21日(月)、2020年に向け訪日旅行者が増加することを見据え、成田空港の国際線で新サービスを提供すると発表しました。

10月28日(月)から、第2ターミナル南のOカウンターに導入された「Smart Check-in」を利用し、自動手荷物預け機のサービスを開始します。このサービスは2020年4月から、第2ターミナル南のMカウンターでも展開する予定です。

2020年春には成田空港に導入される「OneID」を利用し、最先端の顔認証技術を用いた新たな搭乗手続きを開始します。これにより利用者は、自動チェックイン機など、空港での最初の手続きで顔情報を登録しておくと、自動手荷物預け機、保安検査場、搭乗ゲートで、搭乗券やパスポートを提示することなく通過できるようになります。このサービスは、第2ターミナル南のKカウンター、Mカウンターの一部、中央と南の保安検査場、搭乗ゲートの一部で展開される予定です。

2020年1月には、第2ターミナル南にある南団体カウンターエリアに、空港手続き時にサポートが必要な利用者を対象とした「スペシャルアシスタンス」カウンターを新設します。

JALはコンセプト「モダンジャパニーズ」のもと、成田空港のラウンジを順次リニューアルしています。10月1日(火)には「JAL's SALON」をオープンし、BARカウンターで日本のプレミアムウイスキー、クラフトウイスキー、クラフトジン・ウォッカ、日本茶、和菓子などの「日本の匠の味」を提供しています。

期日: 2019/10/28から
最終更新日:
ニュース ガイドライン&ポリシー

Recommend おすすめコンテンツ

このページを共有する

このエントリーをはてなブックマークに追加