2019熱気球グランプリ最終戦、11月22日から鈴鹿サーキットで開催

2019熱気球グランプリ最終戦、11月22日から鈴鹿サーキットで開催

ニュース画像 1枚目:鈴鹿バルーンフェスティバル2019
鈴鹿バルーンフェスティバル2019

熱気球グランプリ運営機構(AirB)が主催する熱気球競技シリーズ「2019熱気球グランプリ」の最終戦、「鈴鹿バルーンフェスティバル2019」が2019年11月22(金)から11月24日(日)まで開催されます。参加気球は競技参加31機、オフィシャル5機の計36機です。

開催場所は三重県鈴鹿市の鈴鹿川河川敷にある「鈴鹿サーキット」で、この大会で熱気球グランプリの年間チャンピオンが決定します。11月23日(土・祝)18時45分からは、色とりどりの熱気球が一列に並ぶ人気イベント「バルーンイリュージョン」も開催されます。

このほか会場では、熱気球を目の前にしながら、構造や原理の解説が聞ける熱気球教室や、熱気球係留が実施されるほか、自衛隊車両の展示、飲食ブースやマルシェなどが出店する予定です。

■鈴鹿バルーンフェスティバル2019
<競技飛行>
11/22、11/23  6:40~/14:30~
11/24  6:40~
<熱気球係留・熱気球教室>
11/22~11/24  7:00(競技終了後)~10:00
<熱気球教室>
11/22、11/23  12:30~13:30
<バルーン・イリュージョン>
23日(土) 18:45~19:15
<会場イベント>
11/22、11/23  7:00~17:00
11/24  7:00~12:00
期日: 2019/11/22 〜 2019/11/24
メニューを開く