鳥取空港、秋の台湾連続インバウンドチャーター利用者数は4,240人 | FlyTeam ニュース

鳥取空港、秋の台湾連続インバウンドチャーター利用者数は4,240人

このエントリーをはてなブックマークに追加
配信日: - ニュースカテゴリー: スケジュール
ニュース画像 1枚目:マンダリン航空 ERJ-190

マンダリン航空 ERJ-190

鳥取県は2019年9月から11月まで、鳥取発着で運航された過去最大規模の連続インバウンドチャーターの運航実績を公表しました。

このうち、マンダリン航空は9月4日(水)から11月30日(土)まで、鳥取/台中間で週2便、計25往復便をERJ-190で運航し、搭乗者数は2,062人で、搭乗率84.2%でした。 チャイナエアラインは11月中旬から12月初旬の6日間、鳥取/台北・桃園間で計6往復便を737-800で運航し、搭乗者数は729人、搭乗率は100%でした。

また、松山空港とのプログラムチャーターとして、エバー航空が10月末から11月中旬にかけてA321で運航した台北線チャーター便は、鳥取空港への就航便数は6往復便で、搭乗者数は1,449人、搭乗率は87.5%となっています。

全体では、提供座席数4,824席に対し、搭乗者数は4,240人で、搭乗率87.9%を記録しました。

期日: 2019/09/04 〜 2019/11/30
最終更新日:
ニュース ガイドライン&ポリシー

Recommend おすすめコンテンツ

このページを共有する

このエントリーをはてなブックマークに追加