羽田空港国際線ターミナル、搭乗口140番と141番の供用を開始 | FlyTeam ニュース

羽田空港国際線ターミナル、搭乗口140番と141番の供用を開始

このエントリーをはてなブックマークに追加
配信日: - ニュースカテゴリー: サービス
ニュース画像 1枚目:羽田国際線エリアの搭乗口番号

羽田国際線エリアの搭乗口番号

東京国際空港ターミナルは2019年12月5日(木)から、羽田空港国際線ターミナル2階出国後エリアの搭乗口140番と141番の供用を開始しました。国際線の増便に伴い、新たな搭乗口を115、116番スポットに増設していたものです。

これに伴い11月中旬から、これまでの141番から148番までの搭乗口番号が、142番から149番に変更されています。105番から114番搭乗口については、変更はありません。東京国際空港ターミナルは、搭乗時に館内の案内板やゲート表示を確認するよう呼びかけています。

なお、羽田空港出国後エリアには、4階から6階にANA、JAL、キャセイパシフィック航空などのラウンジに加え、4階に「SKY LOUNGE ANNEX」、5階に「TIAT LOUNGE ANNEX」があります。

期日: 2019/12/05から
最終更新日:
ニュース ガイドライン&ポリシー

Recommend おすすめコンテンツ

このページを共有する

このエントリーをはてなブックマークに追加