日本の航空機登録、11月は海保向けH225など10機を新規登録 | FlyTeam ニュース

日本の航空機登録、11月は海保向けH225など10機を新規登録

ニュース画像 1枚目:H225
H225

国土交通省航空局は、2019年11月に新規登録、予約登録された航空機をとりまとめました。11月は新規登録が10機、予約登録が8機でした。

日本航空(JAL)が787-8、機体番号(レジ)「JA847J」を新規登録したほか、バニラエアで運用されていたA320-214「JA06VA」と「JA10VA」が改修を終え、ピーチ向けに新規登録されています。

このほか、エアバス・ヘリコプターズ・ジャパンが海上保安庁向けのH225(EC225LP)「JA695A」を、三井物産エアロスペースが国土交通省地方整備局向けのAW139「JA86KK」を新規登録しています。

11月に新規登録、予約登録された機体は下記の通りです。

■2019年11月の新規・予約登録機
登録日レジ番号航空会社機種製造番号
11/1JA86KK三井物産エアロスペースAW13941561
11/1JA007MラルジュR44471
11/1JA06VA全日空商事アクイーラリーシングA320-2146320
11/8JA505CヘリサービスBell 50565286
11/18JA109KアルファーアビエイションA109E11685
11/18JA522T個人R44II11608
11/15JA10VA吉野石膏A320-2147411
11/20JA695AABHジャパンEC225LP3009
11/22JA215Hヒラタ学園Textron G58TH-2528
11/27JA847Jラフト787-835436
<予約登録機>
JA07DR、JA001P、JA002P、JA66AE、
JA20HM、JA01RP、JA6421、JA6420
メニューを開く