大韓航空、「スカイパス」制度を大幅改編 マイルと現金で航空券購入可能

大韓航空、「スカイパス」制度を大幅改編 マイルと現金で航空券購入可能

ニュース画像 1枚目:大韓航空 787
大韓航空 787

大韓航空は2019年12月13日(金)、マイレージ・プログラム「スカイパス」の制度を大幅に改編すると発表しました。

もっとも大きな変更は、航空券を購入する際、マイルと現金やクレジットカードを組み合わせ、支払いが可能になります。これは2020年11月から2022年12月まで試験運用する予定です。さらに基準マイレージに対し、現在70%から200%の範囲で設定されていたマイレージ加算率を、2021年4月から航空運賃にあわせ25%から300%に細分化します。これにより、特にファーストクラスとビジネスクラスの加算率が大幅に増加されます。

特典航空券や座席アップグレード時にマイルを使用する場合、必要マイル区分を細分化します。現在は、韓国国内線1区分、国際線は北東アジア、東南アジア、西南アジア、アメリカ・欧州・オセアニアの4区分ですが、運航距離に応じて韓国国内線は1区分、国際線は10区分に細分化します。

スカイパスエリート会員の区分と名称を、スカイチーム加盟航空会社やグローバルスタンダードにあわせ、エリート資格付与条件は前年度の搭乗実績によって資格を付与する方式に変更し、これまでよりも条件を緩和します。

■予約クラス別マイレージ加算率
<ファーストクラス>(現行 -> 変更後)
 P 200% -> 300%
 F 165% -> 250%
<プレステージクラス>
 J 135% -> 200%
 C 125% -> 175%
 D 125% -> 150%
 I、R 125% -> 125%
<エコノミークラス>
 Y、B、M、S、H、E 100% -> 100%
 K、L、U 100% -> 75%
 G 80% -> 50%
 Q、N、T 70% -> 25%
■エリート会員
(%はエリートマイル)
<スカイチームステータス:エリート・プラス>
ダイヤモンド:10万マイル以上、80%
プラチナ:7万マイルまたは70回搭乗、60%
ゴールド:4万マイルまたは40回搭乗、40%
<スカイチームステータス:エリート>
シルバー:1万マイルまたは10回搭乗、20%

※一部内容に年号の誤りがありました。訂正すると共にお読みいただいた皆さま、関係者の方にお詫びいたします。(2019-12-16 11:48)

期日: 2020/11/01 〜 2022/12/31
メニューを開く