ボーイング、737MAXを製造休止!? 縮小? 方向性発表へ | FlyTeam ニュース

ボーイング、737MAXを製造休止!? 縮小? 方向性発表へ

このエントリーをはてなブックマークに追加
配信日: - ニュースカテゴリー: サービス
ニュース画像 1枚目:レントン工場の組み立てライン入りを待つ機体と出勤するボーイングのスタッフ

レントン工場の組み立てライン入りを待つ機体と出勤するボーイングのスタッフ

  • ニュース画像 2枚目:レントンで納入を待つ737 MAX
  • ニュース画像 3枚目:静かな737 MAX最終組み立てラインの出口
  • ニュース画像 4枚目:モーゼスレイクに駐機されている737 MAX

ボーイングは、737 MAXの製造休止、または縮小を検討しており、2019年12月16日(月)にも何らかの方向性を発表するとウォール・ストリート・ジャーナル(WSJ)が伝えました。この記事では、製造休止が最も可能性が高いとの見方を伝えています。

WSJはアメリカ運輸省(DOT)など規制当局から、運航再開承認に「非現実的な期待を抱いている」とボーイングが指摘され、こうした流れを受けて製造休止に傾いているとしています。

737 MAXは2018年10月にライオン・エアの機体記号(レジ)「PK-LQP」、2019年3月にエチオピア航空の「ET-AVJ」の墜落を受け、各国の航空当局の規制により運航停止に至っています。その後も製造ラインは稼働しており、工場の所在するレントン、さらにはモーゼスレイクにも機体を200機超を移動するなど、納入待ちの在庫も多く抱えている状態です。

実際に製造中止となった場合、レントン工場で勤務するスタッフの雇用に止まらず、737ファミリーで長年に渡り各種部品を納入してきた各社にも打撃を与えるほか、航空機リース会社の納入計画や航空会社の運航計画にも大きな変更が余儀なくされ、幅広い経済的な損失が懸念されます。

最終更新日:
ニュース ガイドライン&ポリシー

Recommend おすすめコンテンツ

このページを共有する

このエントリーをはてなブックマークに追加