2020年版の安全な航空会社トップ20社とLCCトップ10社を発表

2020年版の安全な航空会社トップ20社とLCCトップ10社を発表

ニュース画像 1枚目:カンタス航空
カンタス航空

航空会社の各種サービスをランキングする「AirlineRatings.com」は2020年1月2日(木)、2020年版の安全な航空会社トップ20社と、安全な格安航空会社(LCC)のトップ10社を発表しました。

AirlineRatings.comが測定した405社の航空会社のうち、トップに輝いたのはカンタス航空です。99年以上の歴史を持ち、継続して運航している最古の航空会社として、見事な安全記録を積み上げており、業界で最も経験のある航空会社として受け入れられていると評価しました。

安全な航空会社トップ20社はカンタス航空に続き、ニュージーランド航空、エバー航空、エティハド航空、カタール航空、シンガポール航空、エミレーツ航空、アラスカ航空、キャセイパシフィック航空、ヴァージン・オーストラリア、ハワイアン航空、ヴァージン・アトランティック航空、TAPポルトガル航空、スカンジナビア航空、ロイヤル・ヨルダン航空、スイスインターナショナルエアラインズ、フィンエアー、ルフトハンザドイツ航空、エア・リンガス、KLMオランダ航空となっています。

また、LCCのトップ10社に選定されたのは、アルファベット順で、エア・アラビア、フライビー、フロンティア航空、香港エクスプレス、インディゴ、ジェットブルー、ボラリス、ブエリング航空、ウェストジェット、ウィズ・エアでした。これらのLCCは、国際航空運送協会(IATA)の国際運航安全監査プログラム「IOSA」認証を取得しており、優れた安全記録を保持しています。

この記事に関連するニュース
メニューを開く