ウクライナ国際航空の737-800、テヘラン離陸後に墜落 | FlyTeam ニュース

ウクライナ国際航空の737-800、テヘラン離陸後に墜落

ニュース画像 1枚目:ウクライナ国際航空の737-800
ウクライナ国際航空の737-800

ウクライナ国際航空が運航するテヘラン発キエフ行きPS752便が2020年1月8日(水)、エマーム・ホメイニー国際空港を離陸後、およそ22キロメートル北西の地点に墜落しました。CNNなどの報道によると、この便には乗員9名、乗客167名が搭乗していました。

この便は、737-800の機体記号(レジ)「UR-PSR」で運航、滑走路29Rを使用しており、Flightraderなどのデータによると、速度は270ノット、高度7,900フィート付近で記録が途絶えています。

CNNが伝える画像によると、すでに墜落現場にミル・ヘリコプターなどが投入され、救助活動が実施されている模様です。

「UR-PSR」は2016年6月に初飛行した4年目の機体で、ウクライナ国際航空には2016年7月に引き渡しされています。この墜落事故について、ボーイングは事故の発生を受け、情報収集にあたっているとコメントしています。

メニューを開く