オーストリア航空、Cirium定時運航率調査2019で欧州10位

オーストリア航空、Cirium定時運航率調査2019で欧州10位

ニュース画像 1枚目:オーストリア航空 イメージ
オーストリア航空 イメージ

オーストリア航空は、旅行データの提供や分析を行うリーディングプロバイダのCiriumによる2019年の定時運航率調査で、ヨーロッパの最も時間に正確な航空会社トップ10にランクインしました。

オーストリア航空の2019年の定時到着率は79%で、ヨーロッパ系航空会社部門で10位となっています。なお、前年の2018年は定時運航率が低く、空港や管制塔の混雑、急激な天候の変化の増加、前の便の遅れに起因するさらなる遅延など、ヨーロッパの航空業界が抱える問題が定時運航率低下の主な原因だと説明しています。

しかしながら、オーストリア航空は、2019年に2機の予備機を準備したこと、またウィーン国際空港と協力し、「ChronOS@VIE」プロジェクトとして、自動運行バスを採り入れるなど様々な対策を実行し、定時運航率を向上させています。

メニューを開く