武漢からの邦人帰国チャーター便、ANAのJA607Aが現地へ | FlyTeam ニュース

武漢からの邦人帰国チャーター便、ANAのJA607Aが現地へ

このエントリーをはてなブックマークに追加
配信日: - ニュースカテゴリー: サービス
ニュース画像 1枚目:たかしさんの航空フォト

たかしさんの航空フォト

中国・武漢が新型コロナウイルスの流行を受け、公共交通機関の一時停止、空港と駅の一時的な閉鎖措置が講じられており、日本政府は邦人の帰国希望者を支援するチャーター機を2020年1月28日(火)、派遣しました。このチャーター機は、全日空(ANA)の767-300ER、機体記号(レジ)「JA607A」で、エアージャパンの運航で羽田空港を20時30分すぎに出発しました。

チャーター機には、中国への緊急支援物資としてマスクや防護服などを搭載し、各地との交通が遮断されている武漢を支援します。現地への到着は、ANAの成田/武漢線の定期便の飛行時間4時間50分から想定すると、チャーター便は1月29日(水)未明と予想されます。復路は、定期便は3時間30分で、武漢の出発時間によるものの、羽田到着は6時から7時の早朝時間帯には戻るとみられます。

最終更新日:
ニュース ガイドライン&ポリシー

Recommend おすすめコンテンツ

このページを共有する

このエントリーをはてなブックマークに追加