第5世代戦闘機のSu-57、初飛行から10年 | FlyTeam ニュース

第5世代戦闘機のSu-57、初飛行から10年

このエントリーをはてなブックマークに追加
配信日: - ニュースカテゴリー: サービス
ニュース画像 1枚目:Су-57

Су-57

ロシア初の第5世代ステルス戦闘機スホーイSu-57が2020年1月29日(水)、初飛行から10年を迎えました。

コムソモーリスク・ナ・アムーレ航空機工場の飛行場で2010年1月29日(金)、スホーイが開発したロシア初の第5世代戦闘機Su-57の試作機T-50(PAK FA)が初飛行しました。テストパイロットのセルゲイ・ボグダンが操縦し、約45分間飛行しました。

Su-57は、空対空や空対地兵器を搭載できるマルチロールファイターです。高度に統合されたアビオニクスが装備され、制御の高度な自動化と知的パイロットサポートを備えています。これにより、戦闘能力が大幅に向上し、パイロットの負担が軽減されるため、パイロットは戦闘ミッションに専念できるようになります。

期日: 2020/01/29から
最終更新日:
ニュース ガイドライン&ポリシー

Recommend おすすめコンテンツ

このページを共有する

このエントリーをはてなブックマークに追加