ボーイング、BBAMから3機の737-800BCFプログラムを受注 | FlyTeam ニュース

ボーイング、BBAMから3機の737-800BCFプログラムを受注

このエントリーをはてなブックマークに追加
配信日: - ニュースカテゴリー: サービス
ニュース画像 1枚目:737-800BCF プログラム

737-800BCF プログラム

ボーイングは2020年2月11日(火)、航空機リース会社のBBAMエアクラフト・リーシング&マネジメントから3機の737-800ボーイング・コンバーティッド・フレイター(BCF)プログラムを受注したと発表しました。

BCFプログラムは、737-800旅客機の貨物専用機へ改修するプログラムで、2018年に開始しました。今回の受注で、737-800BCFプログラムの受注数は130機となっています。737-800BCFは、最大52,800ポンドのペイロードを搭載でき、優れた運用経済性で航空会社の利益を最大化します。

なお、ボーイングは今後の貨物機の需要に対応するため、夏に広州航空機整備エンジニアリング(GAMECO)に737-800BCF生産ラインを追加する計画を発表しています。

最終更新日:
ニュース ガイドライン&ポリシー

Recommend おすすめコンテンツ

このページを共有する

このエントリーをはてなブックマークに追加