フランスとドイツ、次世代戦闘機のデモンストレーター開発へ | FlyTeam ニュース

フランスとドイツ、次世代戦闘機のデモンストレーター開発へ

このエントリーをはてなブックマークに追加
配信日: - ニュースカテゴリー: サービス
ニュース画像 1枚目:パリ・エアショーで公開されたFCASモックアップ

パリ・エアショーで公開されたFCASモックアップ

フランス政府とドイツ政府は2020年2月12日(水)、次世代戦闘機(FCAS)プログラムの技術実証機(デモンストレーター)開発で合意し、2026年に試験飛行を目指します。FCASにはフランスとドイツ、スペインが参加しています。

FCASはダッソーを主契約者として、エアバスは将来型戦闘システムを担当、エアバスとMBDAが無人機遠隔操作システム、戦闘クラウドはタレス、エンジンの開発はMTUエアロ・エンジンズとサフランが担います。

FCASは、フランスのラファール、ドイツとスペインのユーロファイターの後継機として、2030年代の就役を目指しています。

期日: 2020/02/12から
最終更新日:
ニュース ガイドライン&ポリシー

Recommend おすすめコンテンツ

このページを共有する

このエントリーをはてなブックマークに追加