春秋航空日本、モックアップ訓練施設を航空科学博物館に設置 見学も可能

春秋航空日本、モックアップ訓練施設を航空科学博物館に設置 見学も可能

ニュース画像 1枚目:春秋航空日本モックアップ
春秋航空日本モックアップ

春秋航空日本は2020年2月13日(木)、日本の格安航空会社(LCC)で初めて、実機を改装した客室のモックアップ訓練施設を設置すると発表しました。この訓練施設は成田空港近くの航空科学博物館に新設された「体験館」の2階に設置され、訓練で使用される以外は、来館者へ展示されます。

モックアップは、春秋航空日本が運用している737-800に近づけるため、アメリカ・カリフォルニア州のサンバーナーディーノ国際空港、通称「飛行機の墓場」から選定した737-800を使用して製作されました。モックアップの製作に必要な部分を切り出し、沖縄の工場で改装した後、航空科学博物館に移送、加工して完成しました。

このプロジェクトは飛行機の選定から訓練施設の完成まで、1年以上かけて実施されており、春秋航空日本では客室乗務員のサービス品質向上と訓練費用の削減も期待できるとしています。なお、このモックアップ訓練施設は2月中に正式稼働する予定です。

メニューを開く