チャイナエアライン、山形/台北間のチャーター便を5月まで運航中止へ | FlyTeam ニュース

チャイナエアライン、山形/台北間のチャーター便を5月まで運航中止へ

ニュース画像 1枚目:チャイナエアライン イメージ
チャイナエアライン イメージ

山形県は2020年2月13日(木)、チャイナエアラインによる山形/台北間におけるチャーター便が一部、運航中止になったと発表しました。当初、4月2日(木)からチャーター便運航を予定していましたが、台湾側によれば、新型コロナウイルス感染症の発生を受け、台湾の旅行者に海外旅行を見送る動きがあることから、5月まで運航を見合わせます。

これにより、運休となるのは、4月が22便、5月が2便、計24便です。6月から運航再開し、9月1日(火)まで計36便が運航される予定です。

なお、山形/台北間のチャーター便は2月25日(火)まで運航予定で、すべての便で到着時の歓迎と、出発時の見送りを実施します。米沢市を中心とした山形県の戦国武将隊「やまがた愛の武将隊」や県内ゆるキャラによる出迎え、県産菓子のふるまいが予定されています。

期日: 2020/04/02から
メニューを開く