フィリピン航空、旅行禁止勧告で一部韓国路線を減便・運休 3月末まで | FlyTeam ニュース

フィリピン航空、旅行禁止勧告で一部韓国路線を減便・運休 3月末まで

フィリピン航空は2020年3月1日(日)から韓国路線を一部運休します。新型コロナウイルスの感染拡大により、フィリピン政府が韓国の慶尚北地域、大邱などからフィリピンを訪れる外国人のフィリピン入国などを禁止したことに伴う対応です。

対象は、マニラ発着のソウル・仁川、釜山線です。マニラ/仁川線では、3月1日(日)から3月31日(火)まで、1日2往復の運航のうち、PR468、PR469便の1往復全便を運休します。また3月12日(木)から3月31日(火)まで、PR466、PR467便のうち、月、火、木、金、土の週5便を運休し、水、土の週2便の運航となります。

マニラ/釜山線は、3月2日(月)から3月30日(月)まで、月、木、金の週3便を運休します。さらに3月8日(日)から3月29日(日)まで、水、日も運休します。

期日: 2020/03/01 〜 2020/03/31
メニューを開く