高度なメンテナンスシステムで高められるF-35Aの信頼性

高度なメンテナンスシステムで高められるF-35Aの信頼性

ニュース画像 1枚目:F-35AライトニングII
F-35AライトニングII

ネリス空軍基地を中心に実施された「レッドフラッグ20-1」演習で、F-35Aは高度なメンテナンスシステムにより信頼性と迅速性が高められました。演習中の2020年2月5日(水)、第421戦闘飛行隊の隊員がF-35AライトニングIIの離陸準備を実施しました。

アメリカ空軍のF-35Aの配備数は現在、F-16に次ぐ戦闘機の勢力となっています。F-35Aの物流システムにはプログラム全体で様々な課題がありましたが、継続的なシステムのアップデートで改善が行われ、さらに多くの作業が進行中です。

F-35は機体自体も、メンテナンスシステムも、物流システムもバージョンアップしてアップデートされていく最新鋭の航空機で、演習を通じて戦場での、脅威の捜索と回避、攻撃する能力も高まっています。

期日: 2020/02/05から
メニューを開く