鳥取空港、メディカル・ケア・ウォーター自動噴霧装置を館内に設置 | FlyTeam ニュース

鳥取空港、メディカル・ケア・ウォーター自動噴霧装置を館内に設置

ニュース画像 1枚目:鳥取空港の空間除菌装置
鳥取空港の空間除菌装置

鳥取空港は2020年3月24日(火)、ターミナルビル内の3カ所に、メディカル・ケア・ウォーターの自動噴霧装置を設置したと発表しました。同空港では、安全に空港を利用できるよう努めるとしています。

この装置は、安全性・殺菌力・消臭力が高い弱酸性次亜塩素酸水を自動噴霧し、空気感染のリスクを低減できます。メディカル・ケア・ウォーターは、様々な有害細菌やウイルスを検出限界まで除菌する、有人の空中噴霧可能な除菌水です。インフルエンザやノロウィルスの感染予防に医療、介護施設、食品加工施設などで広く使用されています。

なお、鳥取空港では、新型コロナウイルスの影響に伴う需要減退に伴い4月28日(火)まで、全日空(ANA)が運航する羽田/鳥取線が減便となっています。

メニューを開く