浜松広報館エアーパーク、臨時休館を4月30日まで延長 感染防止対策で | FlyTeam ニュース

浜松広報館エアーパーク、臨時休館を4月30日まで延長 感染防止対策で

浜松基地に隣接する航空自衛隊浜松広報館エアーパークは、新型コロナウイルスの感染防止対策のため、2020年3月31日(火)まで予定していた臨時休館を、4月30日(木)まで延長すると発表しました。

浜松広報館エアーパークでは現在、旧政府専用機の747-400内に設置されていた「貴賓室」の展示準備が進められています。旧政府専用機の747-400は、皇室や首相など政府要人の輸送、人道支援や在外邦人の輸送任務に使用され、世界100カ国269地点、およそ1,460万キロメートルを飛行しました。「貴賓室」は皇室や首相など政府要人などが利用していました。

浜松広報館エアーパークでは臨時休館の延長について、利用者に対し理解を求めています。

期日: 2020/04/30まで
メニューを開く