東京航空局まとめ、3月の航空機編入・削除は9社 編入2機・削除7機 | FlyTeam ニュース

東京航空局まとめ、3月の航空機編入・削除は9社 編入2機・削除7機

このエントリーをはてなブックマークに追加
配信日: - ニュースカテゴリー: サービス
ニュース画像 1枚目:camelliaさんの航空フォト

camelliaさんの航空フォト

東京航空局は2020年4月3日(金)、所管事業者の使用航空機について、2020年3月分の編入、削除を発表しました。3月は朝日航洋、つくば航空、日本フライトセーフティ、オールニッポンヘリコプター、全日空(ANA)、ディーエイチシーの6社9機分で、編入2機、削除7機でした。

このうち、ANAのA320-200「JA8997」は、ANAが運用していた最後のA320ceoで、2月29日(土)に運航された岩国発羽田行きのANA640便で退役しました。「JA8997」はANA9434便として3月10日(火)に羽田空港から離日し、ロシアのペトロパブロフスクカムチャツキー、アンカレッジを経由してサンバーナーディーノに到着しています。

■3月分の航空機編入・削除
<編入>
オールニッポンヘリコプター:AS365N3
  「JA67NH」
ディーエイチシー:Kawasaki BK117B-2
  「JA6651」
<削除>
朝日航洋:Kawasaki BK117C-2
   「JA173A」「JA6916」
 Bell 206B「JA6138」
 Bell 204B-2「JA6027」
つくば航空:Robinson R44 Raven II
  「JA123H」
日本フライトセーフティ:Robinson R22 Beta II
  「JA22NF」
全日空:A320-200「JA8997」
最終更新日:
ニュース ガイドライン&ポリシー

Recommend おすすめコンテンツ

このページを共有する

このエントリーをはてなブックマークに追加