羽田空港の従業員、新型コロナウイルス感染 1カ月以内の渡航歴なし | FlyTeam ニュース

羽田空港の従業員、新型コロナウイルス感染 1カ月以内の渡航歴なし

このエントリーをはてなブックマークに追加
配信日: - ニュースカテゴリー: サービス
ニュース画像 1枚目:羽田空港 イメージ

羽田空港 イメージ

日本空港ビルデングは2020年4月2日(木)、羽田空港内に勤務する従業員1名について新型コロナウイルス感染が確認されたと公表しました。

当該従業員は、3月20日(金・祝)に発熱して以降、日本空港ビルデングの指示で自宅待機、4月1日(水)に所管の医療機関で新型コロナウイルス感染症の陽性反応が確認されました。当該従業員の勤務地は羽田空港の第1ターミナルで、1カ月以内の海外渡航歴はありません。また、業務は事務職で、旅客と直接的に接する業務ではありません。

羽田空港では現在、感染症予防対策として空港内スタッフのマスク着用を推奨しているほか、ターミナル館内のドアノブや手すりなどの消毒を含む清掃強化、ターミナル各所にアルコール消毒液を設置するなど、特別な対策を講じています。

羽田空港は今後も、利用者と従業員の感染拡大防止と安全確保を最優先し、監督官庁の指示に基づいた対応方針を迅速に決定、実施します。

最終更新日:
ニュース ガイドライン&ポリシー

Recommend おすすめコンテンツ

このページを共有する

このエントリーをはてなブックマークに追加