サーブ、海上での警備活動に特化したSaab340MSAを公開

サーブ、海上での警備活動に特化したSaab340MSAを公開

軍需・安全・航空機メーカーのサーブはファンボロー・エアショー会場で、サーブ340MSA (Maritime Security Aircraft)を披露しました。この哨戒機は特に沿岸警備など、安全、防衛といった活動に加え、近年の大きな課題になっている海賊、テロ、密輸対策から、人身売買など違法活動、油汚染の環境問題など海上からの監視をに特化した航空機です。

短い滑走路から離陸し、長時間の飛行が出来るほか、衛星通信SATCOMや各種レーダーを搭載、探索やレスキュー、輸送、医療対応、さらに機内での仕事環境も整えられており、海上での緊急事態への対応に即応力がある装備が搭載されています。

メニューを開く