18年ぶりの機種登録や海保ファルコン退役 4月のJAレジ動向まとめ

18年ぶりの機種登録や海保ファルコン退役 4月のJAレジ動向まとめ

ニュース画像 1枚目:うみBOSEさんの航空フォト
うみBOSEさんの航空フォト

国土交通省航空局は、2020年4月に新規登録、抹消、予約された航空機をまとめました。4月は新規登録が6機、抹消が8機、予約が4機でした。

新規登録は、1機のグライダーを除き全てヘリコプターで、商用旅客機を運航する航空会社による登録はありませんでした。アルファーアビエイションや大阪航空などがロビンソン機を計3機登録、三井物産エアロスペースが1機のAW139、朝日航洋が1機のAS355Nを登録しています。

個人が登録したグラスフリューゲル・スタンダードリベレ201Bは、日本籍としてはおよそ18年ぶりに登録される滑空機の型式です。

抹消は、宇宙航空研究開発機構(JAXA)の航空分野の飛行実証試験などに使用されてきたダイヤモンドエアサービスのG-1159ガルフストリームII、機体記号(レジ)「JA8431」が抹消されたほか、那覇航空基地で運用された海上保安庁のファルコン900「JA8570」、富士重工KM-2Dで唯一の機体だった「JA8222」など、3機の固定翼機が抹消されました。

ヘリコプターでは、警視庁のAW139、S-92A各1機が抹消されたほか、静岡県消防防災航空隊のBK117C-1「JA119R」、アルファーアビエィションのR22Beta「JA7973」、朝日航洋のベル412「JA9986」が抹消されました。

■2020年4月 新規登録機
登録日レジ番号航空会社機種製造番号
4/8JA7977アルファーアビエィションR440708
4/8JA6838朝日航洋AS355N5594
4/24JA01RP三井物産エアロスペースAW13931883
4/24JA10KE結城造園土木R44 II14370
4/28JA135Z大阪航空R660987
4/28JA2727個人スタンダードリベレ201B333
■2020年4月の抹消登録機
抹消日レジ番号航空会社機種抹消理由
4/8JA8431ダイヤモンドエアサービスG-1159航空の用に供さない
4/8JA8570海上保安庁Falcom 900米国へ売却
4/20JA8222スバルファイナンスKM-2D航空の用に供しない
4/20JA9986朝日航洋Bell 412オーストラリアへ売却
4/20JA119R静岡県BK117C-1ニュージーランドへ売却
4/28JA02MP警察庁S-92A航空の用に供さない
4/28JA16MP警察庁AW139航空の用に供さない
4/28JA7973アルファーアビエィションR22Beta航空の用に供しない

■2020年4月 予約登録機
JA20YP、JA518G、JA6566、JA727E

メニューを開く