新型コロナ禍の中でも予定通り定期検査を終えたハンガリー空軍グリペン | FlyTeam ニュース

新型コロナ禍の中でも予定通り定期検査を終えたハンガリー空軍グリペン

このエントリーをはてなブックマークに追加
配信日: - ニュースカテゴリー: サービス
ニュース画像 1枚目:ハンガリー空軍グリペン

ハンガリー空軍グリペン

サーブは2020年5月13日(水)、新型コロナウィルス(COVID-19)感染の中、ハンガリー空軍のグリペン2機の定期検査を終え、ハンガリーのケチケメート基地に再納入しました。グリペンの飛行ルートは、バルト海を越えポーランドとスロバキアを通過し、ハンガリーへ1時間40分掛けて向かいました。

グリペンは、10週間ごとにリンシェーピングにあるサーブの施設で10週から12週間かけて定期検査を行います。検査は通常、引き継ぎの週にハンガリー空軍のパイロットが検査を行うグリペンを操縦してサーブに持ち込み、定期検査の引き継ぎの打ち合わせと検査を終えた機体を引き取り、ハンガリーに戻ります。

現在、ハンガリー空軍のパイロットは渡航が禁止されているため、サーブのパイロットがハンガリーにグリペンを飛ばし、次に検査を行うグリペンに搭乗してスウェーデンに戻りました。通常引き継ぎは1週間かけて行いますが、感染症が蔓延する環境の今回は、すべてを1日で行いました。

ハンガリー空軍は、2003年2月3日(月)にグリペンCを12機、グリペンDを2機リース契約で導入を決め、運用しています。リース契約は延長され少なくとも2026年まで運用することになっています。

期日: 2020/05/13から
最終更新日:
ニュース ガイドライン&ポリシー

Recommend おすすめコンテンツ

このページを共有する

このエントリーをはてなブックマークに追加