ANA Cargoの空陸一貫輸送サービス、対象空港に那覇空港を追加 | FlyTeam ニュース

ANA Cargoの空陸一貫輸送サービス、対象空港に那覇空港を追加

ニュース画像 1枚目:ANA Cargo と CBcloud
ANA Cargo と CBcloud

全日空(ANA)の貨物部門、ANA Cargoは2020年5月20日(水)から、ITを活用し運送業界での新たな価値の創出をめざすCBcloudと共同で展開している「空陸一貫輸送サービス」の対象路線に那覇空港を追加しました。

これにより、対象空港は、新千歳空港、成田空港、羽田空港、中部国際空港(セントレア)、伊丹空港、関西国際空港、福岡空港、那覇空港の8空港となります。

空陸一貫輸送サービスは、法人を対象としており、CBcloudの軽貨物配送マッチングサービス「PickGo(ピックゴー)」の一機能として提供しています。このサービスを利用すると、オンラインで推定距離、所要時間、金額の見積もりが確認でき、空陸一貫で輸送の手配が可能で、陸路はPickGo料金、空路はANA国内貨物運賃がかかります。

なお、今回、那覇空港の追加を記念して、6月30日(火)まで「空輸割引キャンペーン」を実施しています。期間中は、CBcloudの「PickGo」から空陸一貫輸送を申し込むと、那覇空港発の1キログラム以上の荷物に対し、空輸正規料金から20%割引になります。

期日: 2020/05/20から
メニューを開く