岡山航空、チャーター運航にサイテーションM2を追加 | FlyTeam ニュース

岡山航空、チャーター運航にサイテーションM2を追加

このエントリーをはてなブックマークに追加
配信日: - ニュースカテゴリー: サービス
ニュース画像 1枚目:セスナサイテーションM2

セスナサイテーションM2

  • ニュース画像 2枚目:セスナサイテーションM2
  • ニュース画像 3枚目:セスナサイテーションM2

岡山航空は2020年5月22日(金)、テキストロン・アビエーションC525サイテーション M2を使用した航空運送事業の許可を国土交通省から取得しました。岡山航空は現在、サイテーションマスタングでチャーター運航を手がけており、この機体ラインナップにサイテーションM2が加わります。新機材は6月1日(月)から、運航を開始します。

サイテーションM2はウィリアムズFJ44エンジンを2基装備した双発ジェット機で、最大7人の乗客を乗せ、巡航速度は時速およそ748キロメートル、航続距離は約2,871キロメートルです。コクピットにはガーミンG3000アビオニクスを搭載し、タッチパネル式が採用され、最先端の電子機器が装備されています。

岡山航空では、サイテーションM2の客席を6席として運航します。

最終更新日:
ニュース ガイドライン&ポリシー

Recommend おすすめコンテンツ

このページを共有する

このエントリーをはてなブックマークに追加